女性

データ化しておけば名刺がかさばることはない

売上を効果的に上げる

男性と女性

インターネットの時代になり、マーケティングの重要性は増しています。人件費をかけずにマーケティングするにはオートメーション化するのが必須です。マーケティングに特化したコンサルティング会社を選び、成功事例を作りましょう。

ベンチャー企業などに最適

電話

電話代行サービスは単純作業となっている電話対応をアウトソーシングする事が出来るサービスです。人員が限られている小規模事業所や製品開発や営業面でスピードが求められるベンチャー企業などに最適なサービスと言えます。

業務と外部委託

スーツの人達

総務部は、給与や勤怠管理など社内の全体に関わる業務を行う部署である。最近では、これらの総務の仕事をアウトソーシングするケースが増えている。アウトソーシングすることで、人件費の削減や人材の有効活用に繋げることができる。

取り込みによる利点

スーツ姿の人達

会社の社員や営業マンなどでは、外部の顧客などと名刺交換を行うことで、関係性の構築や営業活動を進めていくということが行われる。名刺交換を行うことにより、相手の所属部署や役職、連絡先などを得ることができ、やり取りを行うきっかけとなるものでもある。名刺交換を行い取得した名刺については、これまでは営業マンなどがそのままの状態で保持し、連絡を行いたい場合などに活用するということが通常であった。しかし、この場合、名刺を持っている営業マンのみが相手先の情報を持っている状態になるため、他の担当者が活用することがし辛い。これらの問題を解消し、社内で相手先の情報を共有するために行われるのがデータ化である。名刺をデータ化し、コンピューター上で取りこむことにより様々な利点を生み出すことができる。データ化することで、情報を探しやすくなるということが大きな利点としてある。紙のまま持っている場合、必要な情報を探す際に1枚ずつ見ながら探す必要があるが、データ化することで簡単に検索できるようになる。また、データ化することでグルーピングを簡単に行えるため、例えば業種ごとでグループ化したり、相手の役職ごとにグループ化するなど活用しやすくなる。名刺のデータ化では、名刺をスキャナーで取り込むことなどで簡単にデータ化できるシステムが多くなっている。そのため、手間なくデータ化することができデータ化した情報を活用しながら営業活動に繋げていくことができる。