男女

データ化しておけば名刺がかさばることはない

業務と外部委託

スーツの人達

一定人数以上の社員を抱える企業では、一般的に総務部を設け、これらを専門に行う人材を配置していることが通常である。総務部では、社員の勤怠管理や給与管理、設備管理など会社運営を行う上で欠かすことのできない業務が行われている。しかし、企業において総務部は、直接営業活動を行う部署ではないため、コストのみがかかる部署ともなっている。その為、できるだけ人員を少なくしたり、人件費を削減したいと思う部署にもなっている。これらのことから、総務部をアウトソーシングするケースが増えている。総務部のアウトソーシングでは、例えば給与計算やその管理を外部委託したり、社内で保有する資産などの管理を外部委託するなど一部の業務をアウトソーシングする方法がある。また、総務部の業務全般をアウトソーシングし、社外に出すことのできない部分に絞り、社内の人員を活用して業務を行うというケースもある。これらの総務部のアウトソーシングを行うことで、人件費の削減を行えるという利点がある。また、アウトソーシングすることで人員調整を行いやすくなるため、業務量に応じて作業を外部に出すことがしやすくなる。総務のアウトソーシングを活用することで、社内の人材については営業活動に重点的に仕事を行わせることができるため、人材の有効活用に繋げることができる。アウトソーシングにより、企業運営の全般的なことは外部の人材を必要に応じて活用でき、業務の効率化ができる。